ダイエットサプリメント

サプリメントの個人輸入で注意点

サプリメントを個人で輸入するには、いくつか注意点があります。 無承認医薬品扱いであるサプリメントの個人輸入は、自分で使用する分には、輸入自体は可能です。 しかし、他人に譲渡してはいけないし、一度に購入出来る量は2カ月以内分だし、購入金額の6割が1万円を超えると、関税が掛かります。 とても面倒に感じてしまいますが、安全、安心を守る為に、薬事法で定められています。 厚生労働省のウェブサイトに、「医薬品や化粧品などの個人輸入について」項目があり、細かく説明されています。 薬事法第68条は、以下の通りです。 「承認前の医薬品等の広告の禁止」 何人も、第14条第1項に規定する医薬品又は医療用具であつて、まだ同項(第23条において準用する場合を含む。) 又は第19条の2第1項の規定による承認を受けていないものについて、その名称、製造方法、効能、効果又は性能に関する広告をし てはならない。 要は、個人で輸入しなければ入手できないような物を、宣伝するなどして、販売しようとする行為は、薬事法において違法だという事です。 ネット通販などで、このような紹介を見かけたら、間違い無く違法行為ですので、買わないようにするのはもちろん、通報するようにしましょう。