ダイエットサプリメント

ダイエットサプリメントと薬事法

ダイエットなどの際、栄養の偏りが心配で、サプリメントを利用する人は少なくありません。 サプリメントを食品だと思う人が中にはいるようですが、サプリメントは薬ではないものの、薬事法に関わるものであることを覚えておきましょう。 「薬事法」の昭和35年法律第145号は、医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療用具の品質、有効性及び安全性の確保のために必要な規制を行うとともに、 医療上特にその必要性が高い医療品及び医療用具の研究開発の促進のために必要な措置を講ずることにより、保健衛生の向上を図ることを目的(第1章第1条)として定められました。 これらの背景には、医師が医療行為として、サプリメントの投与をおこなう事があることから、正式に薬事法で定める必要があったようです。 サプリメントは、海外では食品として扱われる事もありますが、日本では、大半が医薬品となります。医薬品成分が入っている物は、日本では薬品扱いになると言う事です。 ですので、ン日本にあるサプリメントで、無承認の物は存在しません。 薬事法が適用されている事で、医薬品なのか食品なのか、国が判断しているという安心感がありますね。